白髪を染めるヘアカラーの効果別オススメ商品

MENU

白髪を染めるヘアケア商品はアルカリ性、酸性どっちがいいの?

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

PH値と白髪の染まり方の関係とは?

 

PH値は、白髪を染めた時の色の付き具合や髪の毛へのダメージに大きく関わっています。PH値は、アルカリ性と酸性のレベルを表すもので0~14の数値の範囲があり、小さい数字ほど酸性が強く大きい数字ほどアルカリ性が強くなります。真ん中の数字であるPH7は中性になります。

 

白髪染めでは、このPH値が大きいアルカリ性ほど、髪の毛の色は染まります。ただし、髪の毛へのダメージは大きくなります。反対に、PH値が小さい酸性では、髪の毛のダメージは少ないのですが髪の毛の染まり具合はあまり良くありません。

 

このように、酸性とアルカリ性では相反する働きがあります。

 

白髪だけでなく髪や頭皮への影響も考えよう

 

白髪を染めるならアルカリ性の方が良いように思えますが、アルカリ剤は髪の毛だけでなく頭皮にも刺激を与えてしまいます。頭皮環境の悪化は、ヘアサイクルを乱す原因になり髪の成長を妨げてしまうおそれがあります。ヘアサイクルが乱れると、髪が細くなり抜け毛や薄毛の原因になります。

 

最近ではPH7~8.5程度の弱アルカリ性のものも増えてきています。アルカリ性のものと比べると明るい色することは難しいですが、黒やダークな色合いはキレイに染まります。さらに、髪の毛や頭皮へのダメージも少ないです。

 

染める時には、色の染まり具合と髪の毛や頭皮へのダメージを考慮して選びましょう。